夜 熟睡する方法

夜中によく目が覚めます。熟睡ができないので熟睡する方法、コツは?

朝までゆっくり眠りたいのに、眠りが浅く夜中に何度も目が覚めてしまい、熟睡出来ないまま朝を迎えることはありませんか?この症状が一ヶ月以上続くと不眠症の可能性があります。早期解決のするには至ってシンプル。そう、一刻も早く熟睡すれば良いのです。では、具体的にどうすれば熟睡出来るのでしょうか。

 

安眠効果のある食べ物を食べる

安眠効果があることでで有名なものは牛乳です。牛乳に含まれるカルシウムとセロトニンは神経を落ちつかせ身体をリラックスして休ませる効果があります。他にもバナナやジャガイモやレタス、オートミールなど安眠効果を持つものはたくさんあります。

 

布団や枕など寝具を変える

眠るときの周りの環境を良くするために寝具を変えてみるのはいかがでしょうか。もしかしたらいつも使っている寝具よりも身体に合う寝具が見つかるかもしれません。いろいろなものを試してみてはいかがでしょうか。

 

カフェイン・アルコールは避けましょう

コーヒーや緑茶などのカフェインを含む飲み物は覚醒効果があるので、ぐっすり眠りたい日には飲むのを控えましょう。また、アルコールは寝付きを良くする効果はあるのですが、眠りが浅くなってしまい、夜中に何度も目が覚めたり悪夢を見たりしてしまいます。脳の疲れが取れないまま目覚めると気だるい気分が一日続き、日常に支障が出ることがあります。

 

適度な運動をしましょう

運動によって疲れた身体は本能的に休息を求めているので自然にぐっすり深い睡眠をとることが出来ます。ただ、寝る前の運動は身体が覚醒してしまうので午前中や午後の早い時間がおすすめです。
日常生活の中で実践できることから始めて快適な熟睡を手に入れましょう。