熟睡 布団

熟睡するために重要な布団選びのポイントについて

旅行に出かけたときや、知り合いの家に泊まりに行ったときなど、普段自分が家で使っている布団や枕ではない布団や枕を使ったとき、どうしても上手く寝付けなかったりぐっすり眠れなかったりした経験はありませんか?

 

また、逆に普段使っているものよりも心地好く眠れた、という方もいると思います。

 

このように、どうやら身体に合う寝具・合わない寝具があるようです。毎日使う寝具なら、熟睡のためにも自分に合った使い心地の良いものを選びたいところですよね。今回は熟睡できる布団選びのポイントについて調べてみました。

 

敷布団について

寝具売り場でふかふかの柔らかい敷布団を見つけるとつい飛び込みたいと思ってしまいませんか?実は、柔らかすぎる敷布団は身体に良くないのです!まず寝ているときに背筋が伸びにくくなり、沈み込んだ腰や肩に圧力がかかって痛めてしまったり、寝返りしにくいことによって上手く寝付けなかったり寝苦しく感じてしまうことがあります。敷布団は実際に触ったり寝転がったりしてみて、ちょうど良い堅さのものを選ぶと良いでしょう。

 

掛け布団について

寝ているときに、ひとはたくさんの汗をかきます。汗を上手く吸収してくれない布団では眠っているときに不快感を感じてしまい、深く眠れないことが多いのです。汗を素早く吸収、発散してくれる掛け布団を選びましょう。また、あまり洗濯しなくても良い状態をキープできる掛け布団を選んでおくと梅雨の時期や忙しい時期に助かることも多いと思います。

 

寝具を変えることで睡眠状況が大きく変わることもあります。一度寝具売り場に出かけてみてはいかがでしょうか?