寝起きが良くなる

寝起きが悪いと体にも悪い!

毎朝の寝起きをスッキリ快適に迎えたいと思っている人は、多くいます。

 

起きたくない身体に

 

「会社に行かなくちゃ」
「子供のお弁当を作らなくちゃ」

 

と言い聞かせて無理矢理起きる人の方が、多くいるのではないでしょうか。

 

目覚ましのスヌーズを繰り返したて何とか起きたり、目覚まし時計を手の届かない所に置いたり、起きなかったら罰を与えたりと、いろいろと思案するものです。

 

そして、寝起きの段階で疲労感があり、一日中そのまま重い身体でやっとでやり過ごす人もいるでしょう。

 

寝坊しないかどうかと不安になり、寝つけない、睡眠不足になる、寝つきが悪く寝過ごしてしまう悪循環に悩まされている人もまた多くいます。

 

自分ではどうすることも出来ないほどの寝起きの悪さが災いして、頻繁に遅刻したり、なかなか集中出来ないと、仕事に師匠を来す人もいるのです。

 

更に、幸か不幸か「早起きは三文の徳」という言葉があるくらい、早起きすることを美徳のひとつと捉えるようなところがあり、朝すぐに起きれないことが悩みだという人には、その悩みを一層深刻化させてしまう傾向にもあるのです。そのために、朝きちんと起きることが出来ないことを周りから責められたり、それを自分でも気にしすぎた結果、うつ病になってしまうケースもあります。

朝の目覚めを良くする方法

 

そこで、毎朝気持ちよく起きられるようになるために、ご自身の体内時計、睡眠サイクル、個人の体質、生活リズムなど、一度見直してみましょう。

 

最も簡単な方法は光を浴びることです。

 

人間は強い光を目に当てることで体内時計がリセットされ脳が目覚めやすくなるからです。ですから電気をつけたり、カーテンを光を通すものにしましょう。

 

なかなか起きられない人には、朝は敵のような存在ですが、実はその理由さえ分かってしまえば、今まで何だったのかとバカらしく思えるくらい簡単に解決出来ることもあります。

 

きっかけさえ見つかれば、夜型人間だった人でも、朝方の生活リズムにスッと変えることが出来る場合もあるでしょう。今日まで夜型で、明日からいきなり朝方人間!!というような、劇的な変化はないかもしれませんが、今までの朝の辛さを除々に改善していくことは、可能です。

 

そして、気付いたときには、とても気持ちの良い朝を迎えて、それこそ本当の「Good morning」を、実感することが出来ることでしょう。

 

朝は太陽光や蛍光灯の光を浴びると目が覚めやすくなります。これは、強い光を浴びることで体内時計(サーカディアンリズム)がリセットされるからです。肌ではなく目に光が当たる様にされて下さい。

 

寝具を変えると、眠りの質が劇的に・・・

 

しっかりと良質の睡眠が確保されてこそ、寝起きが改善されます。

 

寝具を変えると「熟睡できるようになって、朝の目覚めの悪さも気にならなくなった」という声も聞かれます。

 

理想的な保温性・通気性・体圧分散を重視した敷布団をご存知ですか?

 

人生、かなりの時間を布団の上で過ごす事になります。

 

雲の上で寝ているような感覚が実感できる、素敵な敷布団をご紹介しますので、眠りにこだわる方は試す価値ありです!

 

>>> 浮圧敷布団【雲のやすらぎ】の詳細はこちらのページへ

 

雲のやすらぎ

 

 

 

絶対に寝起きが良くなる方法記事一覧

寝起きのいい人・悪い人の違い

世の中には、寝起きの良い人と悪い人がいますが、その基準や定義というものは、特にありません。ですから、自分では寝起きが悪いと思っていても、実は寝起きが良いのだという人も、多くいるようです。ここでは、「寝起きが悪いとはどういうことなのか」というのはどのような状態をいうのか、いくつか条件を挙げて、具体的に...

≫続きを読む

夜眠れない人は寝起きも良くない

きちんとした睡眠が取れていないことで、寝起きが悪いという人が多くいます。不眠症という病名がつかないまでも、寝不足、眠りの質が悪い、よく眠れないなど、人それぞれ色々な原因で睡眠不足になる人がいます。ですが、不眠治療などの現場では、どうして眠れないのか、その原因を知ることで気持ち的に解決することが幸せで...

≫続きを読む

睡眠不足と睡眠の質と寝起きの関係

毎朝起きるたびに、眠くてしょうがないと感じている人の中で、約半分の人が、睡眠不足であるとされています。中には、寝起きの悪さを「自分に気合が足りていない」というように捉えてしまう人もいますが、それは厳しすぎる考え方です。睡眠不足を自覚した場合、身体が、「寝起きの悪さで健康にシグナルを出している」という...

≫続きを読む

睡眠の基礎知識「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」

睡眠には、「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」の2種類があるのは、みなさんよくご存知ですね。レム睡眠「レム睡眠」とは、眠りが浅いことをいい、大脳が起きているときの状態に近く、夢を見ているときは、レム睡眠の間であるとされています。レム睡眠の状態の人を見た場合、まぶたの下の眼球が動いている様子がわかります。ノ...

≫続きを読む

脳内物質と睡眠ホルモン【セロトニンとメラトニン】が良質な睡眠に影響

睡眠には、脳内物質の「セロトニン」と「メラトニン」というホルモンが大きな影響を与えていることが、睡眠についての研究でわかっています。セロトニンが増加すると、鎮静作用が高まり、そうなることで精神が落ち着くので、不安な気持ちやイライラ感が解消され、良質な睡眠を取ることが出来ます。また、メラトニンは、睡眠...

≫続きを読む

不快な悪眠の原因を解決して快眠で爽快感

寝起きに爽快感を感じられない人、寝起きが悪い人の中には、「眠らずに起きていればよかった」と、眠ったことを後悔してしまう人もいるようです。これは、浅い眠り、サイクルが乱れた眠りであり、いわゆる「悪眠」と呼ばれる睡眠です。ですが、体調を考えたら、どのような眠りであっても、少しは眠った方が、身体にとっては...

≫続きを読む

短時間睡眠と長時間睡眠で寝覚めが違う

「自分は、そんなに長く眠らなくても結構平気」という人は、いませんか?実際、ナポレオンやエジソンのように、毎日3時間程度の短い睡眠しか取っていないのに偉業を成し遂げた歴史上の人物も、多くいます。長い睡眠をとっても、寝不足感を感じてしまう人にしてみれば、なんとも羨ましい話ですが、ではどうして、人によって...

≫続きを読む

居眠りとうたた寝の違いと昼寝の効果

朝の電車内で、居眠りをしていたのに、急に目を覚まして急いで下車するサラリーマンや、遊び疲れたのか、晩ご飯を食べながら、こっくりこっくりと眠ってしまう子供を見たことがああると思います。実は、この二つの眠りには大きな違いがあり、このサラリーマンの場合は、脳が全て眠ってはおらず、眠り続けてはいけないと、無...

≫続きを読む

いびきの原因と睡眠への影響

鼻炎や疲労などで、鼻やノド周辺の空気の通り道が狭まることで、呼吸した空気が通るとき、その空気によって粘膜が振動すると、グーグーというような音が鳴ります、つまり、これが「いびき」の原因です。これまで、いびきというものは「気持ちよく熟睡している証拠」のようにいわれてきましたが、近年では心配な点もいくつか...

≫続きを読む

快適な眠りや気持ちのよい目覚めを妨げる病気

病気というものは、快適な眠りや気持ちのよい目覚めを妨げる原因にもなります。ほとんどの場合は、何の病気かが分かり、治療をし改善することと同時に、不眠や寝起きの悪さが解消されます。ですが、その病気が睡眠と関連しちえる場合、焦らずに、病気の治療から優先させていくといいでしょう。睡眠と寝起きに影響を及ぼす病...

≫続きを読む

睡眠時間は十分なのに寝起きがツラい原因

特に睡眠の妨げになる原因がなく、睡眠時間も足りているはずのに、辛い寝起きを迎える人も多くいるでしょう。その理由は、大きく3つに分けられます。一つ目は、「睡眠の質」です。自分では十分に睡眠を取ったつもりでも、眠り自体は浅いため、身体と脳はきちんと休めていない場合があります。二つ目は、「寝起きのタイミン...

≫続きを読む

寝起きと体質の関係

元々の体質が「夜型」の人の場合、毎朝の寝起きが悪く、起きなければ時間になかなか起きられないものです。小学校の頃を思い出してみると、無遅刻・朝から元気にニコニコした明るい子供と、始業のチャイムギリギリに登校してきたのに、午前中の授業などはボーっとしている子供がいたと思います。「この子は朝が強い」、「こ...

≫続きを読む

寝起きが良いと人生得する

生きてる限り、「寝起き」という行動はずっと続く大変重要なものです。通園・通学から、中学高校となれば、毎日のように部活の朝練、大学1・2年は1限目から授業・・・このように朝を迎えることがとても辛かったと思う人もいるでしょう。そして、社会人ともなると、寝起きというものが益々切実なものへと変わってきます。...

≫続きを読む

気持ちのよい寝起きを迎えるための環境整備

部屋を整理整頓して快適な空間にしたり、ベッドの環境づくりをすることで、良質な睡眠を取り、気持ちのよい寝起きを迎えることが出来る場合があります。ここでは、夜型の生活から、朝方の生活への改善が出来た人のブログや口コミを参考にしながら、環境整備のヒントを、いくつかご紹介していきたいと思います。まず、寝室の...

≫続きを読む

快適な朝を迎えるために摂っておきたい食べものと飲みもの

普段の生活の中で、何気なく口にしているものでも、睡眠の改善・快適な寝起きにつながる嬉しいものがあります。まず、睡眠ホルモンである「メラトニン」を増やすよう意識してみましょう。自然な眠気に襲われるようにするためには、脳内物質の「セロトニン」を増加させる必要がありますが、このセロトニンを増やすためには、...

≫続きを読む

快適な朝を得るために生活に取り入れたい習慣や行動

自然と眠りについて、翌朝スッキリした目覚めを迎えられるよう、日常生活の中でも特に、夜の過ごし方をちょっと工夫するだけで叶うことがあります。そのポイントは、身体にほどよい疲労感を与えて、脳と神経をノンビリとさせてあげることです。ここでは、効果的だといわれている方法を、具体的にご紹介したいと思います。・...

≫続きを読む

大人になってから寝起きが悪くなったのはなぜ

寝起きの悪さが悩みだという人は多くいますが、そんな人は、ご自分が小学生や中学生だった頃のことを、ちょっと思い出してみてください。きっと、夏休みの毎朝のラジオ体操でスタンプを貰いにいくのが楽しみだった人や、部活動時代の朝練を、毎日欠かさず頑張っていた人は、たくさんいるはずです。このような人で、「大人に...

≫続きを読む

朝とにかく起きられず二度寝で寝坊してしまう時の対処法

「朝とにかく起きられず寝坊してしまう」、こんな悩みを抱えている人も、多くいると思います。睡眠に関するアンケートによると、「二度寝」をしてしまうことが寝坊の原因のほとんどを占めていました。目覚まし時計の音に気付いても、それをOFFにしてまた眠ってしまったり、家族の目覚ましには元気に返事をしつつ、また眠...

≫続きを読む

朝型人間と夜型人間は何が違うの?

自分を含め、身近な人を観察してみたとき、「あの人は朝型人間だな」や「あの人は夜型人間だな」と分かることはありませんか?では、朝型人間と夜型人間とは、どのような人をいうのでしょうか。早起きが出来る人、寝起きが良い人を朝型人間とはいわず、朝早い時間から昼間を中心とした生活リズムを送っている人のことを「朝...

≫続きを読む

仕事のストレスが寝起きの良さに影響

学生時代と今を比較してみると、「社会人になってから寝起きが悪くなった」と感じている人が多くいるようです。学生時代は、部活動の朝練、夜遅くまで部活の練習をしてクタクタになり、寝起きは辛いもののすぐに素早く行動出来ていたのに、今は朝はすぐに動けない・・・そんな人は、通勤や仕事の疲れ、人間関係などのストレ...

≫続きを読む

妊娠中は寝起きが悪くなる?

お年寄りは、早起きの人が多くいますが、これはどうしてでしょう。これは、年齢を重ねていくごとに、睡眠ホルモンである「メラトニン」の分泌量が減少していくため、早起きになりやすくなるのです。70歳を超える高齢者の場合、昼夜問わず、メラトニンの分泌量がほとんど同じになることがわかっています。ですから、寝起き...

≫続きを読む

寝起きを良くするポイントは光

睡眠ホルモンである「メラトニン」を生成・分泌させるには、「光」が大きく関係しています。夜になっても眩しさを感じるような部屋にいると、脳が「まだ昼間だ」と勘違いして、眠らないようにしようとします。ですから、夕食後はリビングの照明を少し落としてみたり、寝室は間接照明だけに留めて、落ち着いた灯りにするなど...

≫続きを読む

目覚まし時計で起きれない時はどうすれば?

このような好みや反応というのは、寝起きにもいえることで、大音量の目覚まし時計を大量にセットしても起きられない場合、慣れや好みによって、脳がその音に反応を示さないことがあります。音に気付けず寝坊を繰り返してしまう人は、アラームの音や音量を変えてみるなど、いろいろな方法を試してみましょう。音声は、睡眠や...

≫続きを読む

寝起きを助ける香り

寝起きには、音や光だけでなく、脳をリラックスさせ眠気を誘ったり、ほどよい刺激で快適な寝起きに導く「嗅覚で感知する」という方法もあります。ここでは、心地よい眠りと、快適な寝起きを迎えるのに役立つ「香りのレシピ」をご紹介していきます。心配ごとや悩みごとで、気持ちが緊張していて眠れない夜は、【クラリセージ...

≫続きを読む

なかなか布団から出られない寝起きを助ける裏技

朝、なかなか布団から出ることが出来ない人や、毎朝二度寝で遅刻ばかりしてしまう人は、裏ワザを試してみてはいかがでしょうか。ここでは、同じような悩みを持つ人たちが集い、寝起きの悩みなどを語り合うコミュニティサイトから、いくつかその裏ワザをご紹介したいと思います。まず、目覚まし時計に関する裏ワザとして、「...

≫続きを読む

寝起きのサポートグッズ

数ある寝起きをサポートしてくれる便利グッズの中でも、やはりアラームと組み合わされたものが多く目立ちますが、ここでは、その中から、最近特に話題を呼んでいる商品を2つご紹介します。ひとつは、「ダンベルアラーム」という商品です。これは、筋トレ用のダンベルと全く同じ形状なのですが、そこに目覚まし機能がついて...

≫続きを読む