寝起きが良くなる

快適な眠りや気持ちのよい目覚めを妨げる病気

病気というものは、快適な眠りや気持ちのよい目覚めを妨げる原因にもなります。

 

ほとんどの場合は、何の病気かが分かり、治療をし改善することと同時に、不眠や寝起きの悪さが解消されます。
ですが、その病気が睡眠と関連しちえる場合、焦らずに、病気の治療から優先させていくといいでしょう。

 

睡眠と寝起きに影響を及ぼす病気やその症状に、次のようなものが挙げられます。

 

■呼吸器疾患
風邪、気管支炎、気管支嘆息、喘息、鼻炎、扁桃炎、アデノイド肥大、慢性閉塞性杯疾患、睡眠時無呼吸症候群 など

 

■消化器疾患
胃下垂、胃炎、胃潰瘍、腸炎、過敏性腸症候群 など

 

■内分泌代謝疾患
甲状腺機能亢進症(バゼドウ病など)、糖尿病、肥満症、性腺疾患 など

 

■脳神経障害
脳血管障害、パーキンソン病 など

 

■皮膚疾患
アトピー性皮膚炎

 

■精神疾患
うつ病、神経症、統合失調症 など

 

■心臓病(心疾患)
狭心症、心不全、不整脈 など

 

上記以外では、花粉症の諸症状、広範囲のニキビなども、快適な睡眠・寝起きの妨げの原因になります。
女性の場合であれば、慢性的な冷え性、低血圧が、快適な寝起きを妨げる要因になっています。

 

このような病気や症状の多くには、呼吸で得ることが出来る酸素の摂取量が十分でなかったり、睡眠ホルモンの「メラトニン」の生成・分泌を妨げる性質があります。
そして、病気の症状の比重に関係なく、痛み・痒みなどの不快感がある場合、安眠出来ないだけでなく、不快な寝起きを迎える大きな原因になってしまいます。
小さな子供の汗疹(あせも)や、手湿疹などの手荒れに悩まされている主婦なども、その部分のケアをしっかりとしてあげることが大切です。