快適な朝 習慣

快適な朝につながる生活習慣や行動

自然と眠りについて、翌朝スッキリした目覚めを迎えられるよう、日常生活の中でも特に、夜の過ごし方をちょっと工夫するだけで叶うことがあります。

 

そのポイントは、身体にほどよい疲労感を与えて、脳と神経をノンビリとさせてあげることです。
ここでは、効果的だといわれている方法を、具体的にご紹介したいと思います。

 

・仕事帰りに、ジムなどに通って水泳をする(銭湯やスパも効果的)
・短時間、バッティングセンターやパターゴルフ場で遊ぶ
・学校の掃除のように、床に雑巾がけをしてみる
・白地図帳や鉄道ファン用の路線図を購入して、行ったことがある場所や駅の部分に色を塗る
・中学1年生程度の学習ドリルを使って勉強をする
・ヘッドスパやツボ押しマッサージに行く
・パン生地をこねたり、手打ちうどんを作る・陶芸教室や粘土工芸に参加する
・大粒のビーズ手芸、指編みをする
・ペットのお世話をしたり、機嫌のいい赤ちゃんのお世話をする
・あらかじめストーリーを知っている小説の朗読を聴く
・ハープ、星座、映画スター、スポーツ選手など、興味のあるものや人の名前を覚える
・夕食から室温を下げ始めて、寝る時間には少し寒い程度くらいにする
・寝起きに食べるのが楽しみになるスイーツを用意しておく
・寝起きのノーメイクの状態で会っても平気な友人や恋人に、度々泊まりにきてもらう

 

ちょっとクスッと笑えてしまうような例もありますが、これらは全て学識者が推奨しているマジメな意見なのです。
例えば、7つ目の「パン生地をこねたり、手打ちうどんを作る・陶芸教室や粘土工芸に参加する」というのは、指先をよく使う動作なので、手指のくり返し運動の効果があるので、神経を鎮める効果があるといわれているのです。
また、学習や娯楽をするときは、ワクワクしたりドキドキせず、静かな気持ちで取り組むことが大切です。