寝起き 光

寝起きを助ける光

睡眠ホルモンである「メラトニン」を生成・分泌させるには、「光」が大きく関係しています。

 

夜になっても眩しさを感じるような部屋にいると、脳が「まだ昼間だ」と勘違いして、眠らないようにしようとします。
ですから、夕食後はリビングの照明を少し落としてみたり、寝室は間接照明だけに留めて、落ち着いた灯りにするなど工夫してみましょう。
また、眠気を誘う手段として、光を上から照らさずに、やや低めの位置からの間接照明にしてみましょう。
青白い蛍光灯の光よりも、優しい淡い色の目にやさしい光にしてみるのもいいですね。
電灯の種類・光の色合いは、仕事など作業をする場所には「白色蛍光灯」を、リラックスするリビングや寝室には、柔らかい色合いの「白熱灯」といったように、シーンに合わせて使い分けるのがお薦めです。

 

また、省エネを意識して、LED電球に付け替える人が増えている中、性質の合わない部分にLED電球を使用したことで発火事故が起きているので、使用前に必ず、使用場所や性質をよく確認してから購入しましょう。

 

光の効果を上手に活用すれば、快適な寝起きを迎えることも可能になるというわけです。

 

また、夜とは反対に、朝は眩しい光をたくさん浴びることで、メラトニンを減少させ、早く目を覚ますことが出来ます。
朝になると朝日が差し込む寝室なら、光が自然と差し込むよう、カーテンを少し開けて寝るのもいいですね。
それでは安全面が不安という人は、タイマー機能のついた照明器具を使ってみましょう。
目を閉じていても、脳が明るさを感知することで、除々に目覚めるので、無理矢理に起きようと頑張る必要がなくなってきます。

 

電器メーカーの中には、通常の照明器具だけではなく寝起きのサポートを目的とした、アラームのついた照明器具を取り扱っているところもあります。
設定した起床時刻の約30分前から稼動し、除々に明るく、そして数分前になると小鳥のさえずり、そしてアラームが鳴るといった、なんとも気持ちよく目覚めることが出来そうな商品もあるので、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。