寝起きが良くなる

睡眠時間も足りているはずのに、辛い寝起きはなぜ?

特に睡眠の妨げになる原因がなく、睡眠時間も足りているはずのに、辛い寝起きを迎える人も多くいるでしょう。

 

その理由は、大きく3つに分けられます。

 

一つ目は、「睡眠の質」です。
自分では十分に睡眠を取ったつもりでも、眠り自体は浅いため、身体と脳はきちんと休めていない場合があります。

 

二つ目は、「寝起きのタイミング」です。
睡眠サイクル中、ぐっすりと眠っているノンレム睡眠の最中に、目覚まし時計や家族によって起こされるのは、「無理矢理な寝起きである」といえます。

 

三つ目は、「生活環境」です。
散らかった部屋にいて落ち着かず、鬱陶しく思う気持ち、通勤などの不快感などがあると、寝起きを迎える心がふし合わせな思いで覆われてしまい、気持ちの良い目覚めとは程遠いものになってしまいます。

 

このように、三つ並べて比較してみると、簡単にはいきませんが、「解決方法がある」ということに、お気づきいただけたと思います。
睡眠の質を、良質なものへ改善するためには、前夜からの行動や、刺激物などが多く含まれる飲食物は口にしないように工夫する、部屋を片付けたり、寝具を整えたりすることが効果的だといえます。
休日などを利用して、試しに睡眠サイクルを調整してみると、今までの睡眠時間が実は長すぎたり、就寝時間を普段より30分早くすることで、いいタイミングで寝起きを迎えることが出来る場合があります。

 

生活環境については、少し難しいことではありますが、例えば、朝のキッチン・テーブルを綺麗な状態にするため、夕食後の片付けを、いつもよりちょっと頑張って使いやすいよう・綺麗な見た目になるよう整理整頓をしてみたりと、手の届くことから取り組むのが効果的です。
想像するだけで憂鬱になってしまう会社、この場合は、会社以外の場所に楽しみや癒しを作ることで、「大切な場所は他にある」と割り切り、朝起きたときに、会社が憂鬱だとばかり考えてしまうのではなく、楽しみに思えることを別に見つけて考えるように出来るといいでしょう。