短時間睡眠

短時間睡眠と長時間睡眠

「自分は、そんなに長く眠らなくても結構平気」という人は、いませんか?

 

実際、ナポレオンやエジソンのように、毎日3時間程度の短い睡眠しか取っていないのに偉業を成し遂げた歴史上の人物も、多くいます。

 

長い睡眠をとっても、寝不足感を感じてしまう人にしてみれば、なんとも羨ましい話ですが、ではどうして、人によってそのような違いがあるのでしょうか?

 

個人の体質や性格によって、睡眠時間に差が出てくるとは言われているものの、明確な理由は解明されてはいないのです。

 

そこで、ある研究機関が発表した資料をもとに、いくつかの傾向をここでお話したいと思います。

 

まず、短い時間しか眠っていないのに、スッキリと目覚められる人は、レム睡眠が短くノンレム睡眠が長く、短い睡眠サイクルだといわれています。中には、眠ってから起きるまでの間ずっとノンレム睡眠が続いた後、最初のレム睡眠を迎えると同時に目が覚めるという人もいます。体質の傾向としては、高めの血圧・低めの体温・食欲旺盛・排尿、便通の感覚が短い体質の人、とされています。性格は、おおらかであったり、神経質でも気持ちの切り替えが早い、外交的、積極的、やや攻撃的、という分析結果があります。

 

次に、長時間睡眠の人ですが、レム睡眠とノンレム睡眠のサイクルが、3〜4巡した辺りで、気持ちよく目覚めることが出来るとされています。中には、大人でも9〜10時間程度の睡眠を必要とし、夕食後すぐに眠気に襲われる人もいるようです。体質の傾向としては、高めの体温、痩せ型、水分摂取量が少ない、便秘がち、このような人が多い傾向にあるとされています。性格は、細やか、幸福感を感じやすいが悲しみを引きずりやすい、外交的とはいえない、優しい人が多い、という分析結果があります。