寝起き 香り

寝起きを助ける香り

寝起きには、音や光だけでなく、脳をリラックスさせ眠気を誘ったり、ほどよい刺激で快適な寝起きに導く「嗅覚で感知する」という方法もあります。

 

ここでは、心地よい眠りと、快適な寝起きを迎えるのに役立つ「香りのレシピ」をご紹介していきます。

 

心配ごとや悩みごとで、気持ちが緊張していて眠れない夜は、【クラリセージ1滴・ベルガモット3滴・ラベンダー1滴】のブレンドをお薦めします。
クラリセージは、緊張を緩和し、ベルガモットは不安を解消、そしてラベンダーが心を落ち着かせ穏やかなものにしてくれるでしょう。

 

日常生活で受けたストレスを忘れて、心地よい気分になりたいときは、【イランイラン2滴・サンダルウッド1滴・パチュリー2滴】の、オリエンタルブレンドがお薦めです。
この他には、カモミール、ゼラニウム、オレンジブロッサム(ネロリ)、バイオレット、マジョラム、メリッサ、リンデンなどもまた、心地良い眠りへと導いてくれるよう、優しく作用してくれます。

 

寝起きには、【グレープフルーツ2滴・ティーツリー1滴・ペパーミント2滴】で、爽快感と刺激感が得られるこのブレンドがお薦めです。
寝起きの頭を早くスッキリさせたいときは、【ティーツリー2滴・ユーカリ1滴・ローズマリー2滴】のブレンドがお薦めです。
また、気持ちを揚げるタイムや、疲労感を緩和してくれるマートルなども、寝起きを助けてくれる味方になってくれるでしょう。
目覚め効果に繋がるものとして、柚子・すだち・わさび・山椒などの香りもいいですね。

 

これらは、気に入った香りのアロマオイル、またはアロマエッセンスを用意するだけで構いません、わざわざ専用の道具を買ってくる必要は、ありません。
これらをコットンに数滴垂らしたら、ループ付きの洗濯ピンチに挟んで、寝室のドア付近など、風が通るような場所にかけておくなどしても、いい香りを楽しむことが出来ます。
もちろん、お気に入りのアロマ道具を購入して楽しむのも、お気に入りの雑貨が増えて気分も変わるので、気分転換にもいいですね。