腰痛対策におすすめの布団寝具

腰痛対策におすすめの布団寝具

腰痛に悩まされている人が多い中、実はこの腰痛は寝具と大変深い関係があり、腰痛防止を考える場合に「寝具に気を配る」というのは、姿勢・肥満・筋力低下などと同様に、実はとても大切なことなのです。

 

私達人間は、人生の約2/3を、睡眠に費やしているといわれています。
眠ることによって、日中に溜まった疲労を解消し、そうすることで全ての身体機能をが正常に働き、日々を健康に送れるようになります。
ですから、腰痛対策だけでなく、質が高い良質な睡眠というのは、全ての健康維持に対して大変重要なものなのです。
そして、質の高い睡眠、つまり「熟睡」が得られるためには、優れた寝具が必要になってきます。

 

これは、睡眠の面だけではなく、腰痛対策においても効果があるといえます。

 

腰痛というものは、無理な姿勢や体型、労働などで受ける腰に対する負担などの日中の生活環境の影響から、背骨に歪みが生じる、血行が低下して筋肉が凝る、また、神経が圧迫されてしまうことで、痛みが発生してしまったり、また、その痛みが激しいものへと悪化してしまいます。

 

この悪循環を、良質な睡眠で取り除いてあげることで「背骨を矯正」して、血行を促進することで「痛みの緩和」を得ることが出来ます。
これらのことから見ても分かるように、寝具というものは、腰痛に大変大きな影響を及ぼすものなのです。
寝具の状態が悪ければ、睡眠の質にも影響が出てきますし、布団の硬さ・柔らかさが合っていなければ、疲労回復効果を得ることが出来ない場合もあります。

 

腰痛と寝具の関係についてお話してきましたが、「寝具が柔らかすぎるものは、身体によくない」という話は、多くの方々がご存知であるように、それと同時に、腰痛を予防していくためには、「薄い布団が良い」と、よく言われていますね。

 

 

ですが、この例もやはり、腰痛と寝具の関係から考えていくと、間違った意見であるといえます。

 

薄い布団、硬すぎる布団の場合、体圧が掛かりすぎてしまうことがあり、血行低下や熟睡することが出来ず、結果として疲労感が残ったままになってしまったり、快適な睡眠を得ることが出来ないだけでなく、腰痛にとっても、決して良いとは言えません。

 

「適度な硬さのベッド・マットレス・敷布団」などの寝具は、腰痛対策に効果的な寝具であるといえます。
適度な硬さのある寝具の場合、仰向けに寝たとき、肩と腰だけが寝具に沈み込んでいってしまうということがなく、全身の体重を、身体の一部分ではなく「身体全体」で支えることが出来るようになるので、腰痛予防・良質な睡眠を得ることが可能になります。
更に、ベッドやマットレスの場合、横臥せの状態では、脊椎のカーブに乱れが生じないタイプのものを選ぶといいでしょう。
仰向けに寝たときに、身体が良質なS字カーブを描くように作られているベッドやマットレスは、数多く存在する中で、横臥せのときも、脊椎に負担が掛からないタイプのものを選ぶことで、腰への負担もなくすことが出来るのです。

 

今お話したのが、横臥せで寝たときに、脊椎のカーブが乱れない、身体に優しいタイプの製品になります。
このようなタイプの製品は、実は少ないため、多少値の張る製品ではありますが、長く使う寝具ですからそれほど高いお買物ではないかもしれませんし、腰痛対策に適した寝具であるということがいえます。

 

また、「枕」も大変重要なアイテムです。

 

高さがありすぎる枕、柔らかすぎる枕も、頭部が必要以上に沈み込んでしまいますから、そのようなタイプの枕を使用しつづけていると、最終的には背骨の自然なカーブを乱してしまいますので、やはりこれも、腰痛に悪影響を及ぼしてしまう結果となってしまいます。

 

就寝中に使う枕ですが、真っ直ぐに立っている状態を保つことが出来るほどの高さを選ぶといいでしょう。
そのような枕を選ぶことで、腰痛対策に役立ってくれますから、背骨の自然なカーブに悪影響を及ぼすことなく、維持することが可能になります。